銀輪の風:世界の、シクロ・リポート:BS-TBS毎週月曜23:30〜24:00放送

自転車番組の最新情報をRSSで配信しています

世界各国の自転車競技のレースシーン、そこに躍動するアスリートの熱い思いを伝えます

07月放送

アーカイブ 14,000人の青春群像 日本競輪学校

2007/07/27(月)23:30〜24:00放送


%2344Picture-1.JPG
伊豆修善寺に日本競輪学校が開設されて三十九年になる。競輪学校の前身「日本サイクリストセンター」時代を通算すれば五十七年! 老舗のアスリート養成機関である。そして、この修練の場を母校とする選手は優に14000人を超えるのである。それだけの若者が汗と涙の青春時代を過ごした日本競輪学校とは? 競輪選手となるための必須の通過点である日本競輪学校、貴重なアーカイブフィルムを紐解きながら、その清冽なる青春に想いを馳せた。

【シクロ・リポート】
「G蟻16回鄂凌堂η廖
6月30日から7月3日にかけて群馬県・前橋競輪場で行われた「第16回鄂凌堂η廖\こα手権記念トーナメント」。四日間の熾烈な戦いを番組独自の視点から紹介する。

【がんばれ! 自転車ニッポン】
「沖 美穂 (ロード)」
北京五輪まで一年余り。自転車ニッポンの活躍を期待して、トラック、MTB、ロード、BMXの各競技の代表候補選手を一人ずつ紹介します。

【SCENE 1/500 sec. "Moment of Glory"】
「Gianni Bugno」
フォト・ジャーナリスト 砂田弓弦が捉えた、1/500秒の感動と興奮。

■ジャンニ・ブーニョ(イタリア)
低迷していたイタリアに現れた救世主で、1990年のイタリア復活劇の中心となった。さらにジロで初日から最終までリーダーの座を守り通したり、2年連続で世界チャンピオンになるなど、すばらしい成績も残した。控えめで思いやりのある性格は、ファンのみならず、選手からも愛された。

※番組写真と併せてお楽しみください。
( World Championships 1992 ) フランスチームはジャラベール必勝体制を敷いたが、ゴールスプリントでジャラベールを打破。2年連続世界チャンピオンとなる。ジャラベールは表彰台で茫然自失。
( Milano - Sanremo 1990 ) 数年に渡って低迷したイタリアがかつての力を取り戻したのは'90年年。その起爆剤になったのは、ブーニョのミラノ〜サンレモでの勝利だった。
( Giro d'Italia 1990 ) '90年のジロでは初日から最終日までマリア・ローザを着続ける離れ業を見せて優勝する。
( Tour de France 1991 ) インドゥラインと共にラルプ・デュエズを登る。このツール・ド・フランスの名所を2回連続で制した。
( World Championships 1991 ) '91年の世界選で優勝。さらに翌年も優勝し、2年連続世界チャンピオンとなった。
( Giro d'Italia 1993 ) マイヨ・アルカンシェルを着てミラノを疾走する。
( Tour des Flandres 1994 ) ベルギーの強豪ヨハン・ムセーウを数センチ差で交わした'94年のツール・デ・フランドル。
( Giro d'Italia 1997 ) ブーニョがアイドルだったという現役プロ選手は少なくない。

この記事のトラックバックURL:
http://www.ginrin.tv/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/113

コメント投稿フォーム

放送スケジュール

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年02月